家族葬は家族のみで故人をゆっくり見送ることができる

subpage01

葬儀にはいろいろな形式がありますが、最近選ばれることが増えてきた形式が家族葬です。


家族葬とは、家族や親族、ごく親しい人のみで葬儀を執り行う形式のことです。


家族や親族だけなので、参列者の方たちなどに遺族の方が気を使う必要もなく、ゆっくりと故人を見送ることができるということで選ばれることが多いといいます。



また、最近では大都市圏で選ばれることが増えてきているということです。

@niftyニュースのいろいろな情報を集めました。

少しでも葬儀費用を抑えたい、という場合や、故人が高齢で参列してもらう人があまりいないというときなどにも選ばれることがあります。



家族葬は一般葬と同じ流れで執り行われます。

違うのは、人数だけで、家族葬は少人数で執り行われます。

なので、遺族の方たちがおもてなしなどをする必要がないので、静かに故人を偲ぶことができる時間を持つことができるのがいいです。


また、葬儀費用については、一般葬とは違ってお香典をいただくことがない場合が多くあります。
なので、ほとんど自己負担になるといえます。

なので、この形式の葬儀を執り行うときには葬儀費用についてきちんと考えてから決めるようにしておくことが大切です。家族葬を希望しているけれど、どこの葬儀会社でなら執り行うことができるのかわからない、というときは、葬儀会社を検索することができるサイトなどがあるので、そのサイトを利用してみるといいです。

自分たちの条件にあった葬儀をすることができるところを見つけることができます。