最近需要の多い家族葬とは

subpage01

一昔前は家族の誰かが亡くなると、お葬式もご近所さんがお手伝いに来てくれてお寺や自宅で行うにしても参列してくれる方が多く、香典や供花に弔電の管理から香典返しの段取りなど大変で、大切な家族を失った悲しみを忘れる程忙しい物でした。



しかし最近は家族葬と言ってご家族や身近な友人とのお別れを最優先に考えて、儀礼的な弔問等を無くし家族中心で行う葬儀スタイルの需要が増加傾向にあります。

また故人の意思による場合もあり残された家族の事を考えて、生前からもしもの時は家族葬で行う様にと段取りしている方もいらっしゃいます。
家族葬は注意するポイントがいくつかあり、まずは家族だけと言う家族の範囲を決めておくことが重要です。家族とは離れて暮らしている兄弟や友人もどの範囲までの友人を含むのか決めておかないと、トラブルの元になっていしまいます。
香典や供花を受け取るのか辞退するのかも話し合って共通認識を持つ事が肝心ですが、何よりも大切なのは周囲の理解を得る事です。

ビジネスジャーナルに関するお役立ち情報サイトです。

例えば訃報を知らせる時に参列はお断りする旨の文章等を用意して、香典や供花に弔電を辞退する場合にはその旨もしっかりと記載すれば先方にも親切です。
こう言ったお断りの際には失礼の無い様に、予め家族葬を行う事を決めていたと言う旨や、故人が生前から望んでいた方法だと言う事をしっかり伝えておけばトラブルにもなりません。
最近では色々な葬儀会社が家族葬も受け付けているので、葬儀会社を決める際にはネットでの口コミやランキングを参考にすれば料金にも納得出来て、心から故人とのお別れをかみしめられるのです。