家族葬でトラブルにならないために

subpage01

家族葬をする目的の一つに費用を抑えるというのが挙げられるのですが、そのためにはいくつか確認しておきたいことがあります。

まずは生前に意思を聞いておくのが大切で、いざその時になって家族葬では故人に申し訳ないのではないかという気持ちになってしまい、急遽通常の葬儀にしてしまうなどといったことがあります。



その点で言えば、家族葬にして欲しいと明確に意思表示をしておけば戸惑うことが少なくなります。必要とあれば遺言書に残すのも良い方法だと言えるでしょう。

goo ニュースを利用してみる価値はありますよ。

それから専門の業者に依頼するのも重要なことです。


葬儀社ならどこでも家族葬ができると考えがちですが、本来ならやっていないのにお客を逃したくないので請け負ってしまうケースはゼロではないです。


プランやノウハウがないので結局普通の葬儀と変わらなくなります。

ところが家族葬を専門にしているなら、それ用の会場や祭壇を持っている、あるいは数十万円で行えるなどのコースを用意している場合も多いです。
最後に、見積もりをしておくのを忘れてはいけません。
どうしてもバタバタしてしまい省略することもあるのですが、可能であれば三社以上に聞いておきたいものです。


そこでやっておきたいのは何にいくらかかるのを聞いておくことです。



中にはお布施や出される食事代などは別料金になっていることもあって、後になって請求されることもあるからです。ですが、最終的にいくらになるのかを明記してもらい、それ以上はかからないことを念押ししておけば安心です。